UA-74369628-1
Ihre Browserversion ist veraltet. Wir empfehlen, Ihren Browser auf die neueste Version zu aktualisieren.

                                                         Ingres, la sourceIngres, la source 

La source d'Ingres,  Paris  ©DeepStSky 

0386 Selbsterfüllende Prophezeiung - 自己充足的予言 I

2023/12/28 投稿

   Sich selbst erfüllende …

とする場合も少なくありません。また、自己成就的予言や自己実現的予言と言う和訳もあります。英仏語では self-fulfilling prophecy - prophétie autoréalisatrice となります。

 起源はアメリカの社会学で言われたことで、一般的には、あることが実際にどうあるかと言い出された結果、結果的にそのようになってしまうことを言います。1974年の石油危機でトイレットペーパーが払底したことは伝説的となりましたが、2020年のコロナ禍ではマスクは当然としても、トイレットペーパーや消毒液、ドイツではさらにパンを焼くための酵母(イースト)までもが品切れになると言われ出し、人々がスーパーに殺到して買いあさったため、実際に品切れとなってしまいました。朝起きて、その日一日が何となくよくないと危惧すると、実際そうなってしまうことがあったりもします。人生相談などでは、反対にその日がよくなると思えば、その効果があるなどと助言していますが、そのような自己充足的予言の信者にならなくとも、楽観的に毎日を生きるのは、別に悪いことではないでしょう。

 迷信に陥り易い日本人にとっては、特に注意が必要とされることでしょう。

        Eine weitere gefährliche Gedankenfalle, mit der Sie sowohl im privaten als auch im beruflichen Umfeld zu kämpfen haben, ist die sogenannte selbsterfüllende Prophezeiung. Dabei handelt es sich um ein psychologisches Phänomen: Wenn Sie bereits vorab ein bestimmtes Ergebnis oder ein Verhalten erwarten, so tragen Sie unterbewusst selbst dazu bei, dass genau dieses Ergebnis beziehungsweise Verhalten auch eintritt. / Es gibt auch einen entgegengesetzten Effekt, der als „selbst-zerstörende Prophezeiung“ bezeichnet wird und bei dem wir durch unsere vorab gefasste Meinung und unser Verhalten dafür sorgen, dass ein bestimmtes Ergebnis gerade nicht eintritt. Das klassische Beispiel in diesem Zusammenhang ist die negative Affirmation, bei der wir denken, dass wir etwas nicht können – und klappt es beim ersten Versuch nicht, so fühlen wir uns bestätigt. Damit verstärkt sich die von uns erdachte Prophezeiung weiter und wir landen in einem Teufelskreis, obwohl wir es vielleicht beim zweiten Versuch geschafft hätten. (arbeits-abc.de, Mirijam Franke, Meinung ändern: Individuelle Denkmuster erkennen und verändern)
        あなたがプライベートや職場で取り組まざるをえない、もう一つの危険な思考の罠は、いわゆる自己充足的予言でしょう。この心理学的現象では、あなたが予め一定の結果や行動を期待するならば、あなた自身がまさにこの結果や行動が起こることを無意識的に助長していることになります。またこれとは正反対の効果もあり、それは自己破壊的予言と呼ばれ、私たちの予め決められた意見や行動により一定の結果が起こらない場合です。この関連においての古典的事例は、肯定面の否認で、私たちが何かができないと思い込み、そして最初の試みで失敗すると、やっぱりそうなのかと思うことです。こうして、二度目の試みでは成功したかも知れないのに、私たち自身が考え出した予言がさらに強められ、悪循環に陥ることになります。(arbeits-abc.de、ミリアム・フランケ)

 一度悪循環に嵌まり込むと、そこからの脱出がこれまた大変なことです。

        Wenn Sie Ihre negativen Glaubenssätze aus der Kindheit nicht auflösen, werden Sie diese aufgrund der selbsterfüllenden Prophezeiung im Laufe Ihres Lebens wieder und wieder nähren und sich dadurch niemals aus dem soeben beschriebenen Teufelskreis befreien können. Sie sind fest davon überzeugt, dass Sie nicht erfolgreich werden. Dadurch gehen Sie mit zu wenig Selbstbewusstsein und Zielstrebigkeit an eine Aufgabe heran. Sie misslingt und die Niederlage „beweist“ Ihnen nur, dass Sie von Anfang an Recht hatten. Die selbsterfüllende Prophezeiung ist ein mächtiger Fluch. (arbeits-abc.de, Mirijam Franke, Stanford-Professor verrät: Wer diese 2 Wörter aus seinem Wortschatz streicht, wird erfolgreicher)
        あなたが幼児期からの否定的信条を解消しないならば、あなたはあなたの人生において自己充足的予言により何度も何度もこの信条の確証をすることになり、こうして上記の悪循環から逃れられなくなります。あなたは自分は成功しないと確信しており、こうして自信なく、意欲もなく、課題に取り組むことになります。そこで失敗し、これがまた元々自分が思っていたことが正しかったことの「証明」となります。自己充足的予言は強力な呪いなのです。(同上)

 2023年10月7日にパレスティナ人の抵抗組織ハマスがイスラエルを急襲し、1200人以上を虐殺し、240人以上を人質としました。これに対してイスラエルがハマス掃討作戦を断行し、これまた民間人をも巻き込んで1万人以上が殺戮されました。ここでイスラエル批判が、反ユダヤ主義に直結する恐れがあります。ドイツでは、一般にヒトラーによる組織的ユダヤ人絶滅作戦は、他に例を見ない(singulär)犯罪だとされていますが、これに対して右翼からの批判は、そうではなく、歴史的にはごく普通のことで、程度の差こそあれ、何度も繰り返されたことである…と言うところから、結論としてドイツ人はいつまでもこんなことを気にする必要はないと言うことになります。ところが、最近はこのような相対化論が、左翼の方からも出されるようになりました。と言うのもポスト植民地主義論者たちが言うように、現在のイスラエルがパレスティナのガザ地区で行っていることは、まさにホロコーストであり、BDS(ボイコット、投資撤収、制裁)運動に顕著にみられるように、イスラエルこそ人類の敵であると言うような反ユダヤ主義に陥ってしまう例が後を絶ちません。

        Die Stadt Bremen hat die Feierlichkeiten zur Verleihung des Hannah-Arendt-Preises an Masha Gessen abgesagt, auch die Grünen-nahe Heinrich-Böll-Stiftung hat sich von dem Event zurückgezogen. Der Preis soll zwar am Samstag vergeben werden, aber ohne die übliche öffentliche Würdigung. Anlass für diesen eher hilflos wirkenden Schritt sind jüngste Äußerung Gessens in der Zeitschrift New Yorker zur deutschen Erinnerungspolitik und dem Gaza-Krieg. Der Konflikt kommt plötzlich, jedoch nicht ganz unerwartet. Der Essay wurde kurz vor der angekündigten Preisverleihung veröffentlicht. Damit war die Wahrnehmung der Thesen auch in Deutschland sicher. / Das Timing der Publikation dürfte seitens Gessen kein Zufall gewesen sein. Jetzt wirkt das Ganze wie eine sich selbst erfüllenden Prophezeiung, denn Gessen schreibt, einige der Gedanken könnten in Deutschland zu Schwierigkeiten führen. (SZ, Volker Weiß, 15.12.2023)
        ブレーメン市は、マーシャ・ゲッセンへのハンナ・アーレント賞の授賞にあたって式典を取りやめ、緑の党に近いハインリッヒ・ベル財団もこれに倣った。賞は土曜日に授与されるが、通常の公的栄誉なしになされる。この無力とも思える措置のきっかけは、ゲッセンが最近『ニューヨーカー』誌に寄せた、ドイツの想起政策とガザ戦争に関するコメントにある。この突発事は突然に起こったが、まったく予期せぬ出来事ではなかった。このエッセイは、予定された授賞式の直前に発表されたので、ドイツで論旨が知られることは確実であった。/このタイミングで公表されたのは、おそらくゲッセン側にとっては、偶然ではなかろう。こうしてこの事態全体は、自己充足的予言のようになった。と言うのも、ゲッセンは自分の考えの中のいくつかはドイツにおいて問題視されるかも知れないと書いているからである。(『南ドイツ新聞』フォルカー・ヴァイス)