UA-74369628-1
Ihre Browserversion ist veraltet. Wir empfehlen, Ihren Browser auf die neueste Version zu aktualisieren.

                                                         Ingres, la sourceIngres, la source 

La source d'Ingres,  Paris  ©DeepStSky 

0361 Allegorie - allegory - allégorie - 寓喩 VIII

2023/06/24 投稿

    コロナ禍で

カミュの『ペスト』が一躍ベストセラーとして再浮上しました。

        Natürlich ist der Roman immer auch als Allegorie gelesen worden, als Parabel auf den Faschismus. Aber jede Epoche hat ihre eigenen Interpretationen, und so hat sich „Die Pest“ in der Corona-Zeit neu gefunden, als Lehrstück über den Menschen in Gefangenschaft. Über sein Verhältnis zur Solidarität, wenn es darauf ankommt. So kann man es vielleicht sagen. (SZ, Holger Gertz, 14.05.2021)
        もちろんこの小説はいつの時代にもまた寓喩として、ファシズムに対するたとえ話として読まれたものである。しかしどの時代にもまた時代特有の解釈があり、こうしてカミュの『ペスト』はコロナ禍における囚われの身の人間に関する絶好の教材として――いざそれが必要となった時の、人間の連帯に関する教材として――新たに発見された。こういう風にも読み取れよう。(『南ドイツ新聞』ホルガー・ゲルツ)

 2021年初冬、アンゲラ・メルケル首相はその送別式典で軍楽隊の演奏曲目にヒルデガルト・クネフの『赤バラの雨が降ってほしいの』とニーナ・ハーゲンの『カラーフィルムを忘れたよ』を所望しました。(Für mich soll's rote Rosen regnen von Hildegard Knef und Du hast den Farbfilm vergessen von Nina Hagen)

        Das Lied von Nina Hagen selbst kann man jedoch auf vielerlei Arten interpretieren, viele sehen in ihm eine Beschreibung von Gewalt in der Beziehung. Hat der deutsche Michel Angela Merkel Gewalt angetan? Oder ist es eine Ihr-könnt-mich-alle-mal-Anspielung, eine trotzige Anklage, immer falsch gesehen und verstanden worden zu sein? "Du hast den Farbfilm vergessen, bei meiner Seel'. Alles blau und weiß und grün und später nicht mehr wahr." Ist da die Sorge, was von ihrer Amtszeit übrig bleiben könnte? "Nun sitz ich wieder bei dir und mir zu Haus und such die Fotos für's Fotoalbum aus. Ich im Bikini und ich am FKK, ich frech im Mini, Landschaft ist auch da, ja. Aber, wie schrecklich, die Tränen kullern heiß, Landschaft und Nina und alles nur schwarz-weiß." Ist es eine Botschaft an uns, ihr Volk, dass für sie eigentlich alles viel lustiger und schöner war, als sie nach außen vermittelt hat? Oder ist dieser Micha, wegen dem alle die Welt nur schwarz und weiß und gar nicht schön sehen, vielleicht eine Allegorie auf unsere schwierige gegenwärtige Lage? (Zeit-Online, Judith Liere, 26.11.2021. 20:06)
        しかしニーナ・ハーゲンの歌自体は色々な解釈が可能で、二人の関係における暴力を描写しているという見方も多い。ドイツのミッヒェルは、アンゲラ・メルケルに暴力を振るったのだろうか。それとも、いつも間違って見られ、理解されていたことに対する「あんた達、皆、私の…」的仄めかし、反抗的告発なのだろうか。「カラーフィルムを忘れたよ、私の心に。すべてが、青と白と緑で、後ではもう真実ではなくなる」。彼女の在任中の何が残るのかと言う心配なのだろうか。「今また、あなたの、私の、私たち二人の家で、アルバムに貼る写真を選んでいるところ。ビキニの私、ヌーディストキャンプの私、挑発的なミニの私、景色もまた綺麗、そうなの。でも、何と言うこと、涙が熱く湧き出して、景色もニーナも、何もかもが白黒になってしまう」。それは、彼女にとって全てが外部に伝えられたよりも、実はずっと愉快で素敵なことだったと言う、私たち、彼女の国民へのメッセージなのだろうか。それとも、このミヒャは、彼のせいで誰もが世界を白黒でしか見ず、まったく美しく見えなくさせるミヒャと言うのは、もしかしたら、私たちの困難な現状を寓意しているのだろうか。(『ツァイト・オンライン』ユーディット・リーレ)

 何ともよく分かりませんが、文中の「あんたたち、私の…」はドイツでは最大の罵倒語となるもので、詳しくは0040 Schimpfwort - swear words - juron - 罵倒語 Ibをご覧ください。エントリーが見つかったら、パソコンの検索機能に Du kannst mich mal を入れて探せます。またミヒャエルと言うのは、いわゆるドイツのミヒェル(deutscher Michel)のことです。一種のドイツ人の寓喩で、粗野で間抜けな人からプチブル根性の人までを言う、今日では戯画化されたドイツ人像です。

 セックス一辺倒のポルノ産業にはあまり多くのヴァリエーションはありませんが、近頃では有名な寓意画を戯画化した試みも見られるようになりました。

        Pornhub, der meistgeklickte Streamingdienst für Sexdarstellungen aller Art (42 Milliarden Aufrufe im Jahr 2019), hat eine neue Kategorie in sein Angebot aufgenommen. Er nennt sie "Classic Nudes". Gezeigt werden darin Werke von Großmeistern, neben Botticellis "Geburt der Venus" etwa auch die "Venus von Urbino" von Tizian, Caravaggios "Bacchus", "Die nackte Maja" von Goya und Edgar Degas' "Nackter Mann". Die stillen Aktgemälde werden nachgespielt, natürlich bewegt, mit vage ähnlich ausschauenden Darstellern. Allegorien also mit einer Schlagseite zur Parodie. (SZ, Oliver Meiler, 22.07.2021)
        あらゆる種類のセックス描写を配信し、最も多く視聴されているストリーミングサービスのポーンハブ(Pornhub、2019年の再生回数420億回)に、新しいカテゴリーが追加されました。その名も「クラシック・ヌード」。ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」と並んで、またティツィアーノの「ウルビーノのヴィーナス」、カラヴァッジョの「バッカス」、ゴヤの「裸のマヤ」、エドガー・ドガの「裸の男」など、巨匠たちの作品が紹介されています。そこではヌードの静止画が、少し似たところのある役者によって、もちろん動きを入れて、再演されるのです。パロディーに相当傾斜したアレゴリーと言えるでしょう。(『南ドイツ新聞』オリヴァー・マイラー)

 何が寓喩なのか、今一つよく分かりませんが、パロディー(戯画)と言う方は、納得できます。それでも、どちらかと言えば、猿真似と言った方が適切でしょう。また寓喩は普通は寓意を擬人化したものですが、遂には食品を寓喩としたものまで出てきました。

        Mapo Tofu ist eine essbare Allegorie aufs Sorgenbrechen – durch: Verdrängen (der Chili-Knall) oder Betäuben (neurologisch wirken die im Szechuan-Pfeffer enthaltenen Amide direkt auf die Fortsätze der Nervenzellen ein, daher das Prickeln und die Taubheit). Oder durch Akzeptanz, man gibt den Widerstand auf und hofft, dass im Gegenzug auch die scharfkantigsten und schroffsten Sorgenbrocken nachgeben und weich, glatt und geschmeidig werden wie der Seidentofu, an dem man kaum zu schlucken hat. Ein wenig Reis noch, etwas Grüntee, man ist erschöpft, besänftigt, abgelenkt und wunderbar gesättigt. (Spiegel-Online, Verena Lugert, 01.02.2021, 10.57)
        麻婆豆腐は憂いを断ち切ることに対する食べられる寓喩である――それは、抑圧(唐辛子の激辛)または麻痺(神経学的に見ると、花椒に含まれたアミドが直接に神経細胞の樹状突起に働き、そこから来る痺れるような辛さ)によって達成される。あるいはまた、観念して受け入れることによって――抵抗を断念し、その代わりに、最も刺々しく頑強な憂いの塊ですら降伏し、難なく喉を通る絹ごし豆腐のように、柔らか、滑らか、しなやかになることを期待することによって。さらにご飯や緑茶が少しあれば、疲労困憊したあげくに、癒され、憂いがあったことを忘れ、この上ない満腹感を得ることによって。(『シュピーゲル・オンライン』ヴェレーナ・ルーゲルト)